人間・演劇・からだとことばのレッスン(竹内敏晴)・野口体操(野口三千三)の研究と実践、ワークショップの開催、草野心平・宮澤賢治作品朗読劇制作・身体・声・心・言葉・朗読・身体表現

TOP

2013年3月より、人間と演劇研究所ホームページとブログを、新たにしました。
同時に、人間と演劇研究所「からだとことばのレッスン」ワークショップ開催をスタートします。
これからもよろしくお願いします。

人間と演劇研究所ホームページ
人間と演劇研究所ブログ

これより、ワークショップのご案内は、新しいホームページとブログに移ります。
上記リンクよりご覧になってください。



からだはこころの幻灯スクリーン!スクリーンはニュートラルでどんな些細なこころの動きも反映出来るよう無・空・虚に(野口体操)。スクリーンを歪めて作品(ことば)を造ろうとしてはならない!(からだとことばのレッスン)

「からだ」を幻灯スクリーンとするならば、言葉や踊りは全て幻影となる。心象スケッチのカンバスは「からだ」だったのだ。4次元スクリーン、4次元カンバスとしての「からだ」。幻影をいじくりまわそうとするな!「からだ」を虚しくせよ。六根清浄(ロッコンショウジョウ)  

( 瀬戸嶋充Blog 
2012.1.20 twitter まとめより )

振り返ることをせずに、言葉にして人に伝えることをサボって、実践あるのみで、これまで走り続けてきましたが、自身の活動を検証し直し、今後の方向付けをはっきりさせなければならない時期に来たようです。

取り敢えず、「瀬戸嶋充blog」でそんな作業を始めました。

定例会は毎月開催しています。記事からは、何をやっているか、何をやろうとしているか、把握しづらいとは思いますが、記事にふれて興味関心をお持ちになった方は、参加していただいければありがたく思います。開催予定は「スケジュール」をご覧下さい。

2012.1.13    瀬戸嶋 充


『小さな芽』


・自分が本当にしたいことって、意識からは隠れん坊している。もがいてもがいて、後から振り返って、「ああ!自分はこれがやりたかったんだ。」と、気づくもの。

・あれこれ選択肢を見比べて、後先考えてから踏み出すのでは、堂々巡りで一歩も前には出られない。思い立ったら吉日。手ぶらで一歩踏み込んでみれば良い。

・考えない考えない、
からだは 智慧の宝庫。

・こころは、意識でコントロール出来るようには出来ていない。自分のこころと関わるなら、からだから。

・からだはいつも開(ひら)けている。それが分からないのは、意識が視野狭窄を起こしているから。

・コミュニケーション能力を身に着けようなんて発想は異常事態。からだはいつもコミュニケーションの中に生きている。我がままな意識がそれを認めようとしないだけ。

・「きく」こと「ひらく」こと、レッスンはこれだけ。硬い我がままにしがみ付くのを止すのが大変だけど。

・本当の「我がまま」が分かるのは、
「きく」こと「ひらく」ことが出来てからかな?。硬い我がまま=自我意識(相対的自己)ではなくて、柔らかい我がまま=からだ=こころ(絶対的自己)。

gobirahhudokuhaku.jpg
草野心平さんの詩です。いまの時代の中、とっても大事にしたいことが書かれていると思うので、コピーを載せました。著作権が問題ならば引っ込めます。

纏まりのつかないままに、記事にしています。まとまりのつかないままに受け取っていただければ、感謝です。(瀬戸嶋 充)

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

2020-01-01 : TOP : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

瀬戸嶋 充

Author:瀬戸嶋 充
声の産婆師。身体表現・身体コミュニケーション指導者。演出演技指導者。
1981年 竹内敏晴氏・野口三千三氏に師事。1984年 竹内演劇研究所レッスンスタッフ。1988年 人間と演劇研究所設立、からだとことばのレッスン・野口体操・演劇教室を指導。
その他、教育・医療・福祉・公民館等の現場に於いて、身体ワークショップや舞台上演を多数開催。
現在は、「身体・声・言葉」について、演劇の範疇をこえて、レッスンの場を広げている。
草野心平・宮澤賢治の詩と物語を愛す。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウント