人間・演劇・からだとことばのレッスン(竹内敏晴)・野口体操(野口三千三)の研究と実践、ワークショップの開催、草野心平・宮澤賢治作品朗読劇制作・身体・声・心・言葉・朗読・身体表現

07/29のツイートまとめ

setojimamitsuru

おはよ(^O^)/本日は久々に銭湯行くぞ(^-^)/高田馬場シチズンボール近くのお風呂屋さん、楽しみ!
07-29 05:15

『ゆるみ』の極意!私たちは「動こう!」とすると身体にちからを入れる。「始めに緊張有りき!」である。何を当然のことに「!」を付けてと、訝(いぶか)られそうだ。誰もこのことには異議無しだろう。
07-29 06:28

ところが『ゆるみ』(『ゆ』と省略)では「崩れる」ことから、動きが始まる。いま成立しているからだのバランスを崩せば、新たなバランス地点を目指して動きが生まれる。動きが落ち着いたら、再度「崩れ」→「落ち着き」→「崩れ」→「落ち着き」→の繰り返しが動くことになる。
07-29 06:46

だから『ゆ』の動きでは、筋力を使わない。
07-29 06:53

からだが弱ったり疲れたりすると、直ぐに筋力を着けなければ・鍛えねばと考える。その狭量な発想に終止符を打つことが、私に与えられた仕事かもしれない(^O^)/
07-29 07:32

近代の生み出した狭量な身体観(心身観)が、原発絶対安全神話などと云う傲慢な考えをバックアップしているように思えてならない。
07-29 08:05

水浴びしたみたい??(゜Q。)??汗びっしょり、Tシャツぐっしょり、くさいくさい(´Д`)銭湯いってキレイキレイ(^O^)/〜☆
07-29 16:17

2011-07-30 : 瀬戸嶋充 blog : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

瀬戸嶋 充

Author:瀬戸嶋 充
声の産婆師。身体表現・身体コミュニケーション指導者。演出演技指導者。
1981年 竹内敏晴氏・野口三千三氏に師事。1984年 竹内演劇研究所レッスンスタッフ。1988年 人間と演劇研究所設立、からだとことばのレッスン・野口体操・演劇教室を指導。
その他、教育・医療・福祉・公民館等の現場に於いて、身体ワークショップや舞台上演を多数開催。
現在は、「身体・声・言葉」について、演劇の範疇をこえて、レッスンの場を広げている。
草野心平・宮澤賢治の詩と物語を愛す。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウント