FC2ブログ
人間・演劇・からだとことばのレッスン(竹内敏晴)・野口体操(野口三千三)の研究と実践、ワークショップの開催、草野心平・宮澤賢治作品朗読劇制作・身体・声・心・言葉・朗読・身体表現

02/05のツイートまとめ

setojimamitsuru

【からことレッスン2/4】。野口体操「【肩凝り】は股関節や下半身にの使い方に問題があることの結果。マッサージや薬で肩の痛みだけを取り去っても完治しない。」「原因(身体の使い方)の結果として症状(痛み)があるから、痛みをとるだけの対症療法では根本治療にはなりません。」
02-05 10:54

【からことレッスン2/4】姿勢のバランス取りは本来下半身の仕事。そうすれば肩や腕は観音様の腕のように様々な仕事を自在にこなせる。文明化は足腰を使わない生活強いた。結果下半身の多様なバランス感覚が鈍麻。特に股関節が固化。替わりに肩や腕を緊張させてバランス操作。【肩腕腰への過重負担】
02-05 11:27

@billykuuma さん、流行りの山ガールはどうでっしゃろ(^O^)慣れるまでがしんどいけど、月一くらいで通えれば、街中や平地を歩くよりは、身体への無理な負担は少ないです。股関節や下半身の開放感は山歩きが一番。ストレッチ・ヨガ・筋トレは労多くして効薄し(^O^)
02-05 13:07

@mayumiura 面白いですね、オケの音を突き破るのでなく、自分の声の拡がりの中に収めちゃって、表面に子音で形を刻むんですね。気持ち良いでしょうね。全ての音響が自分の掌中に在ってその表に歌詞を刻んで行く。醍醐味ですよね!
02-05 13:42

『声のレッスンで一番難しいのは【自分に聞こえている自分の声は自分の声ではない】のを認めることです』瀬戸嶋充blog「02/04のツイートまとめ」に掲載しました。声の事でお困りの方はご参照下さい。http://t.co/lBzTskZ5
02-05 17:16

@billykuuma 一歩踏み出してからも、しばらく苦労は続くと思うけど、人間も元々は野山の生き物だから、そのうち馴れますよ。ご飯食べるのと同じに習慣になってしまえばこっちのもの \(^o^)/
02-05 17:28

おやすみなさい(^-^)/
02-05 23:56

2012-02-06 : 瀬戸嶋充 blog : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

瀬戸嶋 充

Author:瀬戸嶋 充
声の産婆師。身体表現・身体コミュニケーション指導者。演出演技指導者。
1981年 竹内敏晴氏・野口三千三氏に師事。1984年 竹内演劇研究所レッスンスタッフ。1988年 人間と演劇研究所設立、からだとことばのレッスン・野口体操・演劇教室を指導。
その他、教育・医療・福祉・公民館等の現場に於いて、身体ワークショップや舞台上演を多数開催。
現在は、「身体・声・言葉」について、演劇の範疇をこえて、レッスンの場を広げている。
草野心平・宮澤賢治の詩と物語を愛す。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新トラックバック

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウント