FC2ブログ
人間・演劇・からだとことばのレッスン(竹内敏晴)・野口体操(野口三千三)の研究と実践、ワークショップの開催、草野心平・宮澤賢治作品朗読劇制作・身体・声・心・言葉・朗読・身体表現

02/11のツイートまとめ

setojimamitsuru

筋肉の緊張が身体や心に与える影響についてあまり知らされていないようだ。心の中が感情で乱れたとき、気持ちを抑えるのは心理操作ではなく、非常に物理的な筋肉の緊張に依ることを考えたことがあるだろうか?
02-11 00:57

続1:拳を握りしめて怒りの爆発を抑える。怒鳴りつけたいとろを奥歯を食いしばってこらえる。怖さに息を凝らす。「握りしめ」「食いしばり」「凝らす」、これらはみな筋肉を緊張させて心の動きの表出を押し止どめているのだ。
02-11 00:58

続2:実感としては意志や理性が感情や心を抑制していると思われるだろうが、主役は筋肉の緊張である。強い感情に襲われたとき、私達は内部の混乱の実感とそれに対処しようとする意識のみ印象に残り、筋肉の働きは意識されることが無いのだろう。
02-11 00:58

続3:「上がってしまって」や「緊張してしまって」と言うのも心の状態を表しているように思われるが、実は筋緊張が重心を引き上げ肩や首筋を硬直させ、血流や神経の通常の循環や働きを妨げ、身体内部の安定した働きが阻害されているのである。
02-11 00:58

続4:私は現代を身体不在の時代と呼ぶ。自分の身体への内的自覚が欠落しているため、緊張が心理的な観点からのみ取り上げられ、自らの身体への感覚的な理解は非常に浅い。そのため緊張からの開放を体験したことがない。
02-11 00:59

続5:筋肉の緊張をほどき身体の内的な感覚を取り戻すことが、どれほど心に安らぎと落ち着きを与えるか、是非一度体験してみて欲しいと思う。
02-11 01:01

続6:明日は定例会、心と身体の緊張をほどいてみたいと思う人は参加してみて下さい。ご案内は、http://t.co/7LiKxGnx にて。(〆)
02-11 01:01

@takayukitaka 始めまして。瀬戸嶋です。早速のフォローありがとうございます。そのうえRTまで。これから宜しくお願いします。
02-11 01:32

@333kame3 こんばんわ!RTありがとう!おやすみなさい、、、は、まだかな?でも私は寝なくちゃ。おやすみなさい~☆明日は妹さんのお店か。ご苦労様です。
02-11 01:38

@takayukitaka はい!ありがとうございます。感謝です。
02-11 01:39

おはようございます(^-^)/新宿の若松河田駅到着です。きょうは一日中新宿区若松地域センター和室「はなみずき」にいます。近所にお立ち寄りの方はどうぞ☆
02-11 09:28

お疲れ様(^O^)/あいむはっぴーでごさりまする☆ありがと!
02-11 21:20

2012-02-12 : 瀬戸嶋充 blog : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

瀬戸嶋 充

Author:瀬戸嶋 充
声の産婆師。身体表現・身体コミュニケーション指導者。演出演技指導者。
1981年 竹内敏晴氏・野口三千三氏に師事。1984年 竹内演劇研究所レッスンスタッフ。1988年 人間と演劇研究所設立、からだとことばのレッスン・野口体操・演劇教室を指導。
その他、教育・医療・福祉・公民館等の現場に於いて、身体ワークショップや舞台上演を多数開催。
現在は、「身体・声・言葉」について、演劇の範疇をこえて、レッスンの場を広げている。
草野心平・宮澤賢治の詩と物語を愛す。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新トラックバック

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウント